2012年02月28日

出演者紹介

<プロフィール>

完成試写用 静止画1 青木.jpg
青木十良 (チェリスト)
1915年、貿易商の家に生まれ音楽や文学に囲まれて育つ。
15歳でクレンゲルの弟子からチェロの手ほどきを受ける。
戦前にNHKに入り、チェロ奏者として多くの日本初演を行う。
桐朋学園、ソルフェージスクールで長年後進の指導にもあたり、
多くの優れたチェリストを育てた。
2002年を皮切りに「グレート・マスターズ」(紀尾井ホール)に出演し、
美しさを極めた音色で多くの聴衆を魅了。
2006年、第16回新日鉄音楽賞(特別賞)を受賞。
2009年、ミュージック・ペンクラブ音楽賞(特別賞)を受賞。



完成試写用 静止画像7 森悠子.jpg
森 悠子 (ヴァイオリニスト・長岡京室内アンサンブル音楽監督)
桐朋学園で斉藤秀雄に師事。10代で青木十良らと国内演奏活動を行う。 
20代から30年に亘ってヨーロッパ、アメリカで演奏家として活躍、
さらに指導者として多くの演奏家を育てた。
1997年、長岡京室内アンサンブルを創設。



完成試写用 静止画像5 堀江.jpg
堀江牧生 (チェリスト)
1990年生まれ。3歳からチェロを始め、6歳から毎年リサイタルを開く。 
歴代最年少の9歳で「札幌ジュニアチェロコンクール」優秀賞と山藤賞を受賞。
「スロバキア国際チェロフェスティバル」の12〜14歳部門で第一位。
15歳でオーケストラと協演を果たす。現在モスクワに留学中。



完成試写用 静止画8 青木&宮城まり子.jpg
宮城まり子 (ねむの木学園園長/写真右)
1927年生まれ。歌手・女優・映画監督・福祉事業家。東京都名誉都民。
1968年に肢体不自由児の社会福祉施設「ねむの木学園」を設立。
歌手時代、宮城は歌手として青木と舞台で協演している。

posted by aokijuro_STAFF at 17:02| Comment(0) | 制作日記

2012年02月27日

スタッフ紹介

監督・撮影 藤原道夫 (メディア・ワン)
1967年、助監督として映画製作の現場に参加。記録映画、劇映画の製作に携わる。
1971年、短編記録映画を初監督。
1974年、TVドキュメンタリーのディレクターとして番組を制作。
「萬里の長城」「日本海大紀行」など、長編ドキュメンタリーを演出する。
記録映画「永井荷風」「宮本常一」「渋沢敬三」などの評伝作品の監督作品も数多い。


プロデューサー 牧弘子 (メディア・ワン)
TVドキュメンタリー「小沢征爾1991」を皮切りに「サイトウ・キネン・オーケストラ’93」、
「小沢征爾 ボストン交響楽団と共に20年」、「オペラTOSCA 200年の時空を超えて」、
「ザルツブルグ音楽祭 世紀の名指揮者ショルティが紡ぐ華麗なる音楽生活80年の光と影」、
「日系三世ケント・ナガノ第二のバーンスタイン・世界を駆ける」、
「生きる オペラが育てる仲間とちから大谷洌子」など音楽関連ドキュメンタリーの制作に携わる。
posted by aokijuro_STAFF at 17:40| Comment(0) | 制作日記