2012年07月01日

作品紹介

映画『自尊を弦の響きにのせて〜96歳のチェリスト 青木十良〜』
7月28日(土)〜8月3日(金)12:30(1日1回上映)
8月4日(土)〜8月10日(金)10:00(1日1回上映)

★上映は8月10日(金)迄で終了
<料金>前売り1,300円
当日一般1,500円 専門・大学生・中・高・シニア1,000円

■大阪・第七藝術劇場
〒532-0024大阪市淀川区十三本町1−7−27サンポードシティ6F
TEL:06-6302-2073 FAX:06-6302-8820 
web:http://www.nanagei.com/ 



以下、上映予定劇場。
■名古屋シネマスコーレ(2週間上映)
8月4日(土)〜8月17日(金)10:30〜(1日1回)
★上映は8月17日(金)迄で終了

〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
TEL:052-452-6036 FAX:052-452-5577
e-mail:eiga@cinemaskhole.co.jp
web:http://www.cinemaskhole.co.jp

■北欧音楽祭すわ2012 
『自尊を弦の響きにのせて〜96歳のチェリスト 青木十良〜』(1回のみ)
場所:下諏訪総合文化センター
10月8日14:30〜デュオコンサート(チェロ 武井英哉/青木十良弟子 ほか)
15:00〜 映画上映・鑑賞会
担当:武井勇二

■京都シネマ 8月以降上映予定(日程調整中)



<ストーリー>
チェリスト・青木十良は80歳を過ぎて念願だった
バッハ「無伴奏チェロ組曲」の録音に挑戦した。
85歳で「第6番」、91歳で「第5番」、「第4番」は94歳の時であった。
この映画は、90歳を越えてからの6年間を追っている。
「ねむの木学園」園長の宮城まり子とは60年ぶりに再会した。
ヴァイオリニスト森悠子とは40年ぶりの再会と
森が音楽監督を務める長岡京室内アンサンブルとの初協演を果たした。
音楽的にも技術的にも難しいといわれる「無伴奏チェロ組曲」。
1年間にも及んだ体調不良、それでも青木は屈しなかった。
10年の時をかけ「無伴奏チェロ組曲」の録音を終える。

完成試写用 静止画像3.jpg


監督・撮影 藤原道夫
出演 青木十良 
    森 悠子
    堀江牧生
    宮城まり子
製作・配給 メディア・ワン
2012年作品/ステレオ/4:3/93分
                                        
posted by aokijuro_STAFF at 00:00| Comment(0) | 制作日記